小江戸観光名所ガイド 一番街

観光名所ガイド観光エリアマップ

太田道灌公像

※写真をクリックすると大きい画像が見れます。 

川越市役所庁舎前(川越城大手門跡)に弓を持った凛々しい太田道灌像が立っています。

太田道灌:永享4年(1432年)〜文明18年7月26日(1486年8月25日)
扇谷(おうぎがやつ)上杉氏の家宰。相模(神奈川県)の生まれ。
康正2年(1456年)江戸築城を開始、岩槻・河越にも築城するなど武蔵・相模の有力者になります。
文明8年(1467年)山内上杉氏の長尾景春が上杉氏に背くと、以後数年にわたり関東各地で景春方と戦いました。
これにより、扇谷上杉家を山内上杉家に匹敵するまで成長させましたが、相模国糟屋(かすや)(現:神奈川県伊勢原市)の主家・上杉定正邸に誘い出されて殺害されました。これは、扇谷家の内部対立と扇谷家の台頭を恐れた山内家の策略だと言われています。


長禄元年(西暦1457年)に太田氏が川越城を築き、更に江戸城を築いて川越の文化を江戸に移したので、川越は江戸の母と呼ばれた。  川越市長(銅像銘板より) 
と言うことで、東京にもゆかりの深い人物です。
「太田道灌像」は川越の他に、JR日暮里駅前、東京国際フォーラム内でも見ることが出来ます(全てポーズが違います)。また東京墨田区の法恩寺内に「太田道灌の墓」があります。




※写真をクリックすると大きい画像が見れます。 

観光名所ガイド観光エリアマップ