小江戸観光名所ガイド 一番街

観光名所ガイド観光エリアマップ

薬師神社

※写真をクリックすると大きい画像が見れます。 

時の鐘の下をくぐった所に「薬師神社」があります。
右手に水屋、正面に拝殿、拝殿の右隣りに鳥居があり、お稲荷さんが鎮座しています。



しめ縄で首巻きをしていて可愛らしいと思いましたが、よく見ると小さい割に迫力あるお姿をしてました。


薬師神社は眼にご利益があり、隣の稲荷社は出世開運合格にご利益がありますよ。

水屋の近くに「川越小唄」の石碑があります。
川越小唄  西条八十 作詞 町田嘉 章作曲

春はうらうら
多賀町あたり
鐘も霞のヤンレヤレコノ
中で鳴る
鐘も霞の中で鳴る
昭和四十五年一月十二日
旧多賀町薬師講 桃林書


参考:【薬師神社の由来について】
創建当初は瑞光山医王院常蓮寺でしたが、明治維新後に薬師神社となりました。
明治26年の川越大火によって時の鐘とともに焼失しましたが、翌27年には再建されました。
御本尊は薬師如来の立像で高さ六十糎行基菩薩の作という五穀豊穣・家運降昌・特に病気平癒のご利益があり眼病には著しい効果がある。
尚、向かって右奥の稲荷社は出世開運合格に著しいご利益がある。
境内立て札より抜粋

薬師神社
川越市幸町15-8

※写真をクリックすると大きい画像が見れます。 

観光名所ガイド観光エリアマップ