小江戸観光名所ガイド 喜多院・東照宮エリア

観光名所ガイド観光エリアマップ

日枝神社

※写真をクリックすると大きい画像が見れます。 

日枝神社は喜多院の鎮守社で、もともとは喜多院の境内にあったのですが、現在は喜多院山門の道路を隔てた反対側にあります。この道路は大正期に古墳を開削してできたもので、古墳の上にはかつて多宝塔(現在は喜多院境内に移築)がありました。
東京赤坂の日枝神社は、江戸城築城の際に太田道灌によってここから分祀されたと伝えられています。


拝殿の老朽化が進行したため、平成16年に再建(新築)しました。
新築された拝殿は桁行3間、梁行2間の規模で、屋根は入母屋造、柿葺型銅板葺です。
新築された拝殿の裏手には本殿がありますが、囲いがあって見ることは出来ません。
本殿は国の重要文化財に指定されています。
室町時代の古式をとどめる社殿で、建立年代は17世紀前半または16世紀後半と言われています。


ふと気がついたのですが、ここ日枝神社の水屋が鳥居の外に設置されているのですが、水屋の位置って特別決まりはないんですかね。(スイマセン余談です)

※写真をクリックすると大きい画像が見れます。 

観光名所ガイド観光エリアマップ