小江戸観光名所ガイド 喜多院・東照宮エリア

観光名所ガイド観光エリアマップ

仙波東照宮

※写真をクリックすると大きい画像が見れます。 

仙波東照宮は徳川初代将軍家康公を祀った日本三大東照宮の一つであり、重要文化財に指定されています。
五百羅漢で有名な喜多院と同じ敷地にありますので立ち寄ってみるのもいいでしょう。


東照宮随身門をくぐると小高い丘陵があり、その上に鎮座しています。


少し急な石段を登ると、堂々たる葵の御紋のついた門があり、色調や飾りが華やかでとても綺麗な本殿を目にすることができます。


石段の手前に茶店・喫煙所があります。
茶店では、開運だんご、出世みそおでん なるものがメニューに並び、ネーミングだけでついつい食べたくなってしまいます。御利益ありそう?!

東照宮随身門から東照宮へと向かう途中を右手に行くと弁財天厳島神社があります。
弁財天厳島神社を囲むように池があり春から夏にかけてホタルをはなしています。
参考:【葵庭園】川越葵ライオンズクラブが毎年6月末、ホタル鑑賞会「ホタル祭り」を実施しています。
池にはホタルが生息しており、この池で産卵し、翌年5月下旬から7月上旬にかけて飛び立ち、幻想的な光を放ちます。
どうかホタルをかわいがって下さい。
また池の美化にもご協力下さい。
「葵庭園」立て札より抜粋


参考:【東照宮随身門・石鳥居】(ずいしんもん・いしどりい)
境内入口にある随身門は朱塗り八脚門(やつあしもん)・切妻造でとち葺き形銅板葺きである。
八脚門とは三間×二間の門で、門柱四本の前後に各一本ずつの控柱をもっている屋根つき門のことである。以前には後水尾(ごみずのお)天皇の御染筆なる「東照大権現」の額が掲げられていた。
記録によるとこの勅額は寛永十年(1633年)十二月二十四日とあることから東照宮の創始の時期を知るひとつの資料となっている。
石鳥居は寛永十五年(1638年)九月に造営奉行の堀田正盛(まさもり)が奉納したもで、柱に「東照大権現御宝前、寛永十五年九月十七日堀田加賀守従四位下藤原正盛」の銘文が刻まれており、様式は明神鳥居である。
川越市教育委員会 重要文化財・建造物解説より
参考:【仙波東照宮】
仙波東照宮は、喜多院第二十七世住職天海僧正が徳川初代将軍家康公を祀ったものである。
家康公は、元和二年四月十七日七十五才で薨去されると、一旦、静岡県の久能山に葬られたが、公の遺言に従って、二代将軍秀忠は、元和三年亡父家康公の遺骸を更めて日光に移葬しました。その時久能山から日光に至る道中、同年三月十五日出発して、継々と道中の各宿に泊り泊りして、同二十三日仙波喜多院の大堂(薬師堂、のち東照宮本地堂とも云った) に到着した。
此所で天海僧正は親しく導師となって、同二十六日まで、実に四日間、衆憎を集めて、丁重な法要を厳修した。この長い法要を済して、次宿行田忍に御送りして後、天海僧正は家康公在世の渥恩を謝せんが為、且つ遺柩止留の跡として、家康公の像(高さ八寸八分)を作って、大堂に祀ったのが、元和三年九月十六日で、東照宮の初めである。
 かくて天海僧正は、この東照宮を広く大方の皆様に崇拝して貰う為め、現在のこの地に高さ五間の丘陵を築きあげて、立派な社殿を造って、寛永十年十一月十六日遷祀した。
同年十二月二十四日後水天皇は宸翰御神号として「東照大権現」の勅額を下賜されました。ところが寛永十五年一月二十八日、川越街に大火起り、仙の神社、堂塔、門前屋敷まで延焼してしまった。
之を聞いた三代将軍徳川家光は、直に東照宮再建の計を立て、同年三月川越城主堀田加賀守正盛を造営奉行に命じ、天海僧正を導師として、寛永十七年五月竣工したものが現在の社殿である。
この時以来、社殿並に神器等は総て幕府の営む所となったが、もともと自祭であって、祭資を頂かなかったので、喜多院第二十九世住職周海僧正(天海の高弟)は祭典の完備を期して、寛文元年松平伊豆守信綱(川越城主)を介して以聞、同年三月、四代将軍徳川家綱は、大仙彼の地二百石を祭資に供せられた。
爾来幕府の手で属々修理を加えられたが、弘化四年が最も大修理であった。かくて明治二年諸領一般上地の令に依て社領を奉遷し、逓減割となり、同年又神仏分離令があって、爾来喜多院の管理を離れた。
川越八幡宮 由緒より

 

※写真をクリックすると大きい画像が見れます。 

観光名所ガイド観光エリアマップ