小江戸観光名所ガイド

 
 
マップでお店の位置を確認  
 
     
     
江戸日本橋から川越札の辻まで十三里。だから川越のさつまいもは昔から江戸庶民の間で栗よりうまい十三里(九里と四里で十三里という洒落)と呼ばれ、広く親しまれてきたという。

小江戸川越を代表する蔵造り通り(一番街)のほぼ中央に位置する芋菓子の老舗「龜屋榮泉」は、明治よりこの川越のさつまいもを原料にしたお菓子の製造販売を続けている。
川越の伝統銘菓発祥の店として、昔から一貫して守り続けてきた手作りの味は、百年以上経た今でも多くの観光客に“川越土産”として親しまれている。

 
芋菓子の創成期は明治頃だが、まず広く世の人々に川越の芋菓子を知ってもらうことから始めなければならなかった。そこで「龜屋栄泉」はメディアも娯楽も少ない当時、人々の注目が集まる物産の博覧会、品評会に目をつけ、これらに積極的に出品し、幾度となく金銀賞牌を賜ったことで、芋菓子を川越名物として定着させることに成功した。その功により川越銘菓製造組合から「元祖」の額が贈られましたが、今ではこういった博覧会などに出品することもなくなったそうである。
“今は賞をいただくことよりも、実質でお客様に支持される品物を作りたいというのがこの店のこだわりなのです。”と現店主は話してくれた。
 
2階にある「芋菓子の歴史館」は入場無料で芋菓子を川越名物として定着させ往時を偲ばせる歴史的資料や昔の菓子作りの道具などが展示されている。貴重な資料の数々を無料で見られる、ちょっと穴場の観光スポットととしてお奨めしたい。
 
 
 
写真左は、明治初期の川越の芋を普及させる為の宣伝用絵ハガキ。
当時は白黒写真しかないが、写真に色をつけてカラー写真のようにしていた、大変貴重な資料だ。
 
 
「龜屋栄泉」の定番で、根強い人気がある商品が「里土産」「里自慢」「里乃誉」。
その中でもおすすめしたいのが「里土産」だ。約1cmの厚さで輪切りにしたサツマイモを糖蜜で煮て、表面に乾燥させた砂糖をまぶした甘藷納糖で、芋の素朴な味わいがとてもいい。
その他にも、店内にはたくさんの川越銘菓が並び、バラでも詰め合わせでも好きなように買える。
川越名物「時の鐘」からすぐの場所なので、是非気軽に立ち寄って欲しい。
 
 
 
     
 
【店主より一言】
どの品々も川越を語るに相応しい逸品と自信をもっておすすめ出来ます。
今ではインターネットにより、全国の皆様に気軽に川越の味「龜屋栄泉」の味を楽しんでいただけるようになりました。
川越にお越しの際は、是非当店へお立ち寄り下さい。

【亀屋栄泉 】
〒350-0063 川越市幸町5-6
TEL:049-222-0228(代) FAX:049-226-7703
営業時間:9:30〜18:00
定休日:水曜日 (春季・秋季は無休)
 
 
 
マップでお店の位置を確認