小江戸観光名所ガイド

 
 
マップでお店の位置を確認
 
     
     
羽子板は、三月の雛人形、五月の鎧兜といった節句人形と同じように、子供の健やかな成長と幸せを願い、お正月に贈られ、飾られるものである。
関口人形を訪れると、きらびやかな雛人形、五月人形の中にあってひときわ目を奪われるのは、艶やかな色とりどりの着物をまとった押絵羽子板である。
こちらでは雛人形、五月人形、押絵羽子板のどれも自社工場で製造し、販売しているが、中でも力を入れているのがこの押絵羽子板である。
 
関口人形の歴史も古い。創業は昭和十二年。
その本家は鴻巣市にある三七〇年以上も続く老舗の雛人形専門店。先代がそこから独立し、腕の良い職人が多く歴史ある川越で羽子板の製造、販売を始めた。
 
 
 
関口人形の押絵羽子板には、見る限り一つとして同じデザインのものがない。様々な種類の着物の生地に綿を詰め、立体的な作りとなっているが、完成するまでの工程は、なんと60以上にも及ぶ。しかもそれらをすべて人形職人が手作業で、端正に心を込めて仕上げている。女性の職人さんが多いのだが、その精巧な作りからは、きめ細やかな心配りが覗え、それもうなずける。それがこの羽子板を女の子のお祝いに一層ふさわしいものにしているように思える。
 
 
 
 
また、その丁寧な作りと美しさは、古くから伝わる日本文化を守り続けるものとして、内閣総理大臣賞など数々の賞を得ており、各国の大統領の来日時に贈り物とされるなど、海外にも素晴らしい日本の伝統文化を伝える役割を担っている。
 
     
 
【店主からの一言】
  節句人形や押絵羽子板に表現された人形は、古来より様々な年中行事、風習の中で育ってきたものです。
お子さんの健やかな成長を願って皆でお祝いをするという、美しく、素晴らしい日本の伝統をしっかりと守り、後世に伝える義務があります。
お客様が本当に満足される製品づくりを第一として、常に本物にこだわった商いに取り組んでいます。
  【関口人形 】
〒350-0056 川越市松江町1-1-9
TEL:049-222-1560 FAX:049-225-6589
営業時間:8:30〜19:00
定休日:年中無休
 

 
 
マップでお店の位置を確認