もとの鍛冶町。 宝剣の小狐丸を打つ小鍛冶宗近の人形は原舟月の作で、天保六年に修理した記録がある。 二重鉾で四ツ車の山車は、昭和三年に回り舞台に改造。 欄間形式の囃子台には鳳凰の彫刻がある。 県指定文化財。囃子は堤崎流で幸町囃子会。
もとの南町。 人形は能楽の翁で明治三年に仲秀英の作。 人形を含め四〇六両二分三朱でできたという山車は二重鉾の四ツ車。 当初は欄間形式の囃子台であったが、大正八年に唐破風つきの回り舞台に改造した。 県指定文化財。囃子は堤崎流の幸町囃子会。
もとの志義町。 人形は古代中国の英雄、羅陵王で山車とともに文久二年に江戸神田の仲秀英の作。 二重鉾の四ツ車、唐破風つきの囃子台という形式では最古の山車。 明治三十四年に他に先がけて回り舞台に改造。 県指定文化財。囃子は王蔵流で中台囃子連中。 県指定無形民俗文化財。
旧十ヶ町以外で初めてつくった山車。 人形は黒尉の面をもった三番叟で、仲秀英の作。 山車は明治二十一年に原型ができ、昭和三十五年に二重鉾、唐破風つきの囃子台、三ツ車のまま回り舞台に改造。 県指定文化財。囃子は芝金杉流の今福囃子連中。県指定無形民俗文化財。
人形は日本武尊。山車は昭和二十七年に原型ができて以来、順次改造を重ねてきた。 現在は二重鉾の四ツ車、回り舞台で囃子台は唐破風つき。 囃子は芝金杉流で北山田囃子保存会。
人形は川越城に縁のふかい太田道灌。 山車は二重鉾の四ツ車、唐破風つきの囃子台で回り舞台。 昭和二十七年の作。 他の山車に比べ大きな仕上り。 囃子は堤崎流で雀会囃子連。
昭和二十三年に山車の原型ができた。 昭和五十七年に改造。 川越にゆかり深い河越太郎重頼の人形を新調。 二重鉾の四ツ車、唐破風つきの囃子台で回り舞台。 囃子は木ノ下流で月鉾囃子連。
昭和三十二年にできた山車で、腰回りの大量の彫刻が特徴。 二重鉾の四ツ車、唐破風つきの囃子台で回り舞台。 囃子は神田大橋流で町内の竹生会囃子連。
人形は徳川家康。山車は二重鉾の四ツ車、唐破風つきの囃子台で回り舞台。 昭和五十七年に白木造り、さらに平成十二年に彩色を施して完成。 囃子は王蔵流で葵囃子連。
人形は鎌倉時代の武将で仙波二郎安家。 山車は二重鉾の四ツ車、唐破風つきの囃子台で回り舞台。 囃子は堤崎流の仙波囃子保存会。
平成九年に白木造りで完成。 さらに同十二年に鏡獅子の人形、同十四年に上段四方幕を新調。 二重鉾の四ツ車、唐破風つきの囃子台で回り舞台。 囃子は芝金杉流で同町内囃子連。
平成十三年、山車の原型を譲り受け、同十四年に初曳き。 その後、中匂欄、三味線胴、上匂欄等を製作。 二重鉾、四つ車、回り舞台、唐破風つきの囃子台をもつ。 人形は三代将軍の徳川家光。囃子は堤崎流で榎会囃子連。
二重鉾の四ツ車、唐破風つきの囃子台で回り舞台。 山車は平成十二年、主題の人形は菅原道眞で平成二十年に完成。 囃子は堤崎流で足踊りの南田島囃子連と町内の道眞囃子連。
昭和二十八年に三芳町の北永井地区で製作した四ツ車の屋台が原型。 回り舞台。町内有志の手により一本柱万度型に、さらに台座、車輪まわりなどを改修。 囃子は重松流の北永井囃子保存会。
平成二年に丸広百貨店が建造。同十四年に川越市に寄贈。 人形は能の祝福曲に取材した猩々。 山車は二重鉾の四ツ車、唐破風つきの囃子台。 囃子は山車参加のない囃子連が乗演。
▲上へ戻る

七五三詣 氷川神社
湯遊ランド